社会福祉法人フェニックス公式サイト|ケアハウスかんべ村|グループホームかんべの里
>
ご入居者様の声_10

 

◆ 入居者様の声  

 

N.S様 88歳 (ケアハウスかんべ村 / 平成25年2月入居)

  ケアハウスかんべ村に入居する前は虹山団地に住んでいました。旦那と姑を見送った後17年一人暮らしをしていました。バスでサンリブに買い物に行ったり、友達とカラオケをしたりして日々を過ごしていました。かんべ村から入居の案内があった時、先に入居していた友人が「とても良い所だから入ったほうがいい」と教えてくれました。実際に施設を見学させていただいて静かな環境の中にある施設でしたし、年金でやりくりができそうだったので入居を決めました。

 入居に際しては不安もありました。以前に大きな病気をしたこと、もともとあまり体が丈夫ではないので周りの方に迷惑をかけるのではないかと思っていました。

 しかし、入居後は施設近くの親切なお医者さんを紹介していただき、施設の職員さんにも助けてもらって今に至ります。

 今年の5月に転倒してしまい現在は車いすで生活していますが、また歩けるようになって自分の足で買い物に行けることを目標に歩く練習をしています。歩けるようになったら何をしようかと手帳にやりたいことを綴っています。

     

 令和1年8月現在

 

 

 

このページの先頭へ